風俗の面接で気を付けること

風俗面接を舐めてはいけません。注意しなければいけないことがたくさんあります。 - 面接にあたってのポイント

面接にあたってのポイント

面接にあたってのポイント

風俗求人の面接って一般的な仕事に比べると、仕事の内容からしてちょっと特殊な感じがしますよね。
だからムダに力が入ったりしてしまう人も多いようですが、普段通りにしていればOKです。
でも、やっぱり緊張してしまうという人のために、面接にあたって押さえておくべきポイントを紹介しておきましょう。

服装や受け答え

まず、面接に行くときの服装はどうすればいいの?と悩む人はたくさんいます。
そもそも、一般企業の面接に行くようにスーツでビシッと決める必要はありません。
大切なのは清潔感のある服装で、あえていえばスカートのほうがいいということくらいでしょうか。
風俗だから露出の多いセクシーな服のほうがいいのかな?どと思っている人もいるようですが、決してそんなことはないのですよ。
そして、面接の際にははっきりとした声でしっかりとした受け答えをすることが肝心です。
風俗業はサービス業ですから、対人への応対は重要なチェックポイントとして見られます。

こんな質問をされるかも

面接で質問されやすい項目がわかれば、事前に対応しやすいというものです。
ほとんどのケースで質問されるのは、「名前」「年齢」「身長」「体重」「スリーサイズ」「ブラのカップ」です。
あとは実際に働く際の条件として、勤務日や勤務時間、収入に関する希望です。
店によっては、お客さんにアピールできるポイントなどを質問されることもあるかもしれません。
たとえば、チャームポイントや誰か芸能人に似ていると言われたか、好きな男性のタイプなどです。
さらに、好きな体位や性感帯はどこか、などが聞かれることもあります。
これらは質問されることが多いので、前もって答えを用意しておくと突然訊ねられて困ってしまうことはないでしょう。
それから覚えておいたほうがいいと思いますが、住んでいる場所のフル住所や本籍地を尋ねられることがあるかもしれません。
でもそれらは正式に採用が決まってから答えたほうがよく、面接の段階で無理やり聞き出そうとするような店はNGと考えたほうがいいといえます。

関連する記事

  « 前の記事: を読む  
風俗バイト情報
風俗求人サイト
Copyright(C)2015 風俗の面接で気を付けること All Rights Reserved.