風俗の面接で気を付けること

風俗面接を舐めてはいけません。注意しなければいけないことがたくさんあります。 - 面接の意義

面接の意義

面接の意義

風俗業はサービス業ですからお店側としてもきちんとした人材を雇いたいという思いがあり、それをかなえるために面接があるのです。
面接は雇う側、雇われる側のお互いのために存在することを認識しておきましょう。
実際に面接を受ける際に注意すべきポイントをいくつかまとめましたので、参考にしてみてください。

服装の注意

最初に、面接を受ける際の服装です。
何もビシッと決まったスーツを着たり、風俗業だからと露出度満点のセクシーな服装をしなければならないことはありません。
普通に一般企業の面接を受けるのと同様、清潔で身だしなみのいい服装をすることが大切です。
髪型もきちんとセットをして、髪色も赤色や派手な金髪などはNGです。

常識が求められる

次に、マナーをしっかりすること。
面接でタメ口で話したり、態度が悪いのは当然いけません。
しっかりと敬語で話し、雇ってもらうという立場を忘れないことが肝心です。
前述したように風俗業はサービス業として接客を行ないますから、常識やマナーがなければお客さんに迷惑を掛けることとなり、その女性のみならず店自体のイメージを悪くしてしまいます。
さらに遅刻は厳禁、面接には予定10分前に到着しておくようにしましょう。
事前に自宅からお店までどれくらいの時間を要するのか確認しておくのはもちろん、面接時間に遅れそうになったならお店に連絡をすることを忘れずに。
遅刻はよくありませんが事情によっては仕方ないもの、連絡を入れるか入れないかで印象が変わってきますよ。

いろいろ訊ねよう

また、面接をしていて疑問に思ったり不安を感じた点についてはしっかり訊ねるようにしましょう。
「こんな質問をしても大丈夫かな?」と思うかもしれませんが、いざ働くようになって困ったり思っていたものと違っていたとなっては大変です。
特に給料や待遇面、保証制度などお金に関することは聞きにくいものですが、こういった点こそはっきりさせておくべきなのです。
質問がたくさんあるのなら、メモにまとめておいてそれを見ながら訪ねても構いませんよ。
仕事に関係ないことや常識外れなことを尋ねるのはどうかと思いますが、そうでなければ疑問は面接時に解消するようにしましょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
風俗バイト情報
風俗求人サイト
Copyright(C)2015 風俗の面接で気を付けること All Rights Reserved.