風俗の面接で気を付けること

風俗面接を舐めてはいけません。注意しなければいけないことがたくさんあります。 - 面接にあたっての注意

面接にあたっての注意

面接にあたっての注意

どんな仕事にしても、求人に応募して面接というと緊張してしまうものです。
それが風俗求人となると、はじめてや初心者の女性にすれば「いったいどんなことを聞かれるのだろう」「どう振る舞えばいいのだろう」などと悩んで不安に感じる人も少なくありません。
それに一般の会社などとは雰囲気も違うので、一層緊張してしまうかもしれませんよね。
そんな女性のために、ここで風俗求人に応募するときの注意をいくつか取り上げたいと思います。

応募にあたって

まず最初に面接に応募をしなければなりませんが、最近ではメールで応募することが多いようです。
「メールなら日頃から使っているから簡単でラッキー」
そう思った人もいることでしょう。
ところが、このメールで応募というのが曲者なのです。
前述したように、日頃から友達とやり取りしているだけに「適当」な内容や文面になりがちだからです。
たとえば「面接に応募したいんですけど…」などと名前も名乗らずにいきなり要点に入ってしまうようなケースが少なくありません。
こんなメールを受け取った面接担当者はどう思うでしょうか。
せめて名前と年齢、さらにスリーサイズなどを書いて応募すること、そうすることできっと第一印象がよくなるに違いありませんよ。

服装と挨拶について

次に服装ですが、風俗ということでセクシーなものや女性をアピールした格好をしていく人もいますがそんな必要はありません。
普通の仕事の面接と同じように、清潔感のある恰好が好ましいといえます。
ただ、髪の毛はアップにせずにおろしていくことをおススメします。
なぜなら、面接当日に「とりあえず」の写真を撮ることがしばしばあるからです。
これは「新しくこんな子が入ったのでよろしく」とお客さんにアピールするために使われたりするのですが、髪をおろしているほうがイメージが良いようだからです。
また、面接の担当はもちろん、店の人と会ったときにもしっかりと挨拶をしましょう。
風俗業はサービス業です。
挨拶がきちんとできるのは最低必要条件ですからね。
意外に挨拶さえもできない女の子もいるようですよ。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
風俗バイト情報
風俗求人サイト
Copyright(C)2015 風俗の面接で気を付けること All Rights Reserved.